体は食べ物が作る。オススメしたい食材

健康な体になる、保つためには普段食べているものも大事ですよね。私もちょっと前まではついついコンビニ食やファストフードに走っちゃったりしていました。(完全にどろどろ血コースだわ)でもそれじゃ太るし、健康に良くない!って事で、普段の食生活を見直し食改善。健康診断で体脂肪が30%越え、体内年齢が実年齢より上だった私が、今や体脂肪19%、体内年齢は実年齢よりも下になった私が積極的に食べていた物をご紹介します!

発酵食品は欠かさず摂る

発酵食品ヨーグルト

発酵食品といえば、納豆、キムチ、ヨーグルトなど。発酵食品は善玉菌を増やし、腸内環境を良くしてくれるので健康や美容にとってもいいです。腸内環境が整うと栄養も吸収されやすくなるし、免疫力もUP!逆をいえば腸内環境が整っていないといくら栄養を取っても吸収されにくくなってしまいます。私は最初に挙げた納豆、キムチ、ヨーグルトのどれか一つは毎日食べるようにしています。あとお味噌汁も発行食品なのでいいんですよ!調味料に甘酒を使う事もオススメです。煮物などは砂糖やみりんを使わず、甘味づけに甘酒を使うとヘルシーだし健康的です。何より甘酒はやさしい甘さにしてくれるので、砂糖よりこっちの方がおいしいのでオススメ!

緑黄色野菜

たくさんの緑黄色野菜

緑黄色野菜といっても色々な野菜がありますが、私が良く食べていたのはトマト、ニンジン、ブロッコリー、オクラ、パプリカなどです!緑黄色野菜であれば何でもいいとは思いますが、大事なのはその食べ方!緑黄色野菜はオリーブオイルやサラダ油を使い調理をすること。オリーブオイルやサラダ油を使う事によって野菜の持つ栄養成分の吸収率がアップしますよ。緑黄色野菜にはビタミン群やβカロテンなどが含まれています。ビタミン群は目や皮膚の健康を保ち、免疫を高める効果があり、特にビタミンEは若返りのビタミンとも言われていて美肌効果もあるので女性は積極的に摂取したいところ。βカロテンは抗酸化作用があり老化防止やこちらも免疫を高めてくれます。

魚全般

さんまがこんがり焼かれている

お肉ももちろんいいですが、できるだけお魚を摂取するように心がけました。特にお気に入りは鮭の塩焼き。鮭は栄養の塊で、DHAやEPAが豊富に含まれています。これは不飽和脂肪酸と言ってアンチエイジング効果にとても良いです。鮭だけに限らず、いまは「サバ缶」も注目されていますよね。おじさんのお酒のおつまみの印象が強いサバ缶ですが、実は栄養が詰まったスーパーフードだったのです。サバ缶は缶詰の中で調理するので、栄養が逃げずサバの良いところを持て余すことなく摂取ができます。こちらもDHA、EPAが豊富で美容、健康効果が絶大!